お助け!ビジネスローンお役立ちガイド

敢えてビジネスローンで少額で借りる

TOP > ビジネスローンの豆知識 > 敢えてビジネスローンで少額で借りる

敢えてビジネスローンで少額で借りる

ビジネスローンでは、融資の金額を選ぶ事は可能です。
ローン商品には、必ず上限額があります。
300万円や500万円などの限度額があり、その範囲内で融資を受ける訳です。
例えば限度額が300万円の時は、400万円を借りる事はできません。
300万という数字は、借りられる金額の最大値になります。
400万では、明らかに300万を上回っています。
この限度額を左右する要因は色々あって、資金体力や会社規模などがあります。
資金体力が大きな法人の場合は、借りれる金額も高くなる訳です。
また会社の安定性も限度額に関わってきます。
経営状況が比較的安定している企業などは、限度額も大きく設定できる傾向はあります。
老舗の企業などは経営も安定している傾向がありますが、それだけに限度額も高めにできる事も多いです。


ところで設備投資などが求められる時は、しばしばビジネスローンが活用されています。
比較的スピーディーにお金を借りられますし、多くの法人が活用しています。
ただしそのローンでお金を借りる為には、審査があります。
審査では、会社の経営状況などが確認される訳です。
経営状況は問題ない企業なら、審査には通りやすくなる傾向があります。
それだけではありません。
上述の限度額も審査には関わってきます。
一般的には、限度額が高い方が審査にも通りづらくなる傾向があります。
大きな金額を貸し出すのは、銀行にとってのリスクが大きくなるからです。
逆に、限度額が低い時は審査に通りやすくなる傾向があります。
このため確実にお金を借りたい時には、敢えて限度額を低めにしてみる方法があります。
そして後日に限度額を高くしてみるのです。


ビジネスローンを活用している法人は、しばしば少額融資を受けています。
100万円や200万円などの高めな金額ではなく、数十万円程度の融資を受けている方々も少なくありません。
少額融資を受ける理由の1つは、信頼性です。
というのもローンの審査基準の1つは、信頼性です。
返済力があると見なされると、金融会社から融資も受けやすくなる傾向があります。
過去に何かのローンで借りていて、特に問題なく返済できていた法人は、返済力も問題ないと見なされる訳です。
ですから返済実績が良好だった法人は、審査にも通りやすくなる傾向があります。
それで上述の少額融資は、審査は比較的通りやすいです。
まず最初の内は少額で借りておき、返済実績を構築しておく訳です。
すると審査に通りやすくなりますから、後日に改めて大きな金額で申し込んでみる方法もあります。

▲ ページトップへ