お助け!ビジネスローンお役立ちガイド

保証人を立ててビジネスローンの申し込みをする

TOP > ビジネスローンの豆知識 > 保証人を立ててビジネスローンの申し込みをする

保証人を立ててビジネスローンの申し込みをする

何かを借りる時には、保証人が求められる事があります。
物件を借りる時などは、たいてい保証人が必要です。
賃貸物件の申し込みの際に、保証人が求められるケースはよくあります。
保証人が必要な理由の1つは、万が一の滞納です。
賃貸会社としては、滞納される事を懸念している傾向があります。
万が一家賃が支払われないと、賃貸会社にお金が入ってこないからです。
それを避ける為に、保証人が求められる訳です。
借りている本人に万が一の事があっても、連帯保証人に立て替えてもらう事もできるからです。
賃貸会社によっては、申し込み者よりも保証人の収入が重視される事もあります。
保証人の収入証明書が必要な賃貸会社も、珍しくありません。
最近では、保証人が必要な賃貸会社も少なくなりました。
しかし現在でも、保証人が必要な賃貸物件はあります。


ところでビジネスローンで借りたい時は、上述の保証人を検討してみる方法もあります。
現に申し込みをしている方々は、しばしば「保証人を立てる」という旨を金融会社の担当者に伝えています。
そもそもビジネスローンでお金を借りるなら、必ず審査を受ける事になります。
金融の会社によって審査の方法も異なりますが、基本的には青色申告書などを確認した上で、資金体力などが見極められます。
返済力は問題ないと認められると、お金を借りられる訳です。
それで金融会社による審査は、必ず通過するとは限りません。
金融会社で申し込みをしてみたものの、審査で落とされている事例も多々見られます。
大手の銀行などは、比較的厳しく審査を行っている傾向があります。
ノンバンクなどは、審査は比較的通りやすいです。


ところで審査に通るのが難しいと見込まれる時は、上述の保証人を立ててみる方法もある訳です。
なぜ保証人を立てるかと言うと、審査に通りやすくなるからです。
確かに金融会社によっては、やや厳しく審査を行っています。
しかし保証人を立ててみると、審査には通りやすくなる事が多いです。
理由は、上述の賃貸物件と同様です。
万が一延滞になった時でも、保証人に請求が行くからです。
金融会社にとってのリスクヘッジになりますから、保証人を立てればお金を借りられるケースはよくあります。
ただ審査では、保証人の返済能力は重視されます。
返済力がある保証人の方が、ローンの審査には通りやすいです。
また資金体力が十分な保証人の方が、審査には通りやすくなる傾向があります。
ですから確実にお金を借りたい時は、資金体力がある保証人を選ぶ方が良いでしょう。

▲ ページトップへ