お助け!ビジネスローンお役立ちガイド

事業資金を得るためにビジネスローンを利用する際の注意点

TOP > ビジネスローンの豆知識 > 事業資金を得るためにビジネスローンを利用する際の注意点

事業資金を得るためにビジネスローンを利用する際の注意点

事業資金を得るためにビジネスローンの利用を検討するうえで、会社経営者や個人事業主を対象としたサポートが手厚い金融機関を選ぶことが何よりも大切です。
特に、百万円を超える高額な資金の融資を受ける場合には、利息額の負担が大きくなったり、手数料が高くなったりすることがあるため、無理なく完済をするために、じっくりと担当者と相談をする必要があります。
また、ビジネスローンの金利は、マイカーや住宅などのローンと比べて高めに設定されることがあるため、経済力を十分に考慮して借入れ金額を決めることがポイントです。
なお、ビジネスローンを専門に扱っている金融機関の中には、法人向けのカスタマーサービスを設けているところもあるため、少しでも融資のポイントについて知りたいことがあればオペレーターに質問をしてみると良いでしょう。


ビジネスローンの融資限度額は、金融機関によって大きな差がありますが、初めて融資を受ける場合には借入額が制限されることもあるため、余裕を持って借入先の候補を決めることがおすすめです。
特に、一千万円以上の融資を希望する際には、審査のために経営者の資産や借金の有無、事業の将来性などが厳しくチェックされる傾向があります。
そのため、スムーズに審査を通過するために、日ごろから金融機関の担当者に事業計画について分かりやすく説明をしたり、審査のために必要な書類の書き方についてアドバイスを受けたりすると良いでしょう。
また、ビジネスローンの融資を受けられるまでに必要な期間については、各金融機関の資料やウェブサイトなどに記載されることがあるため、早めに各地の金融機関の事情を把握しておきましょう。


ビジネスローンの用途は、金融機関によりますが、マイカーや住宅、リフォームのように厳密に決められていないケースが多く見られます。
そこで、事業の立て直しや新規事業の投資などのために初めてビジネスローンの申込をする際には、事前にお目当ての金融機関の専用のサイトを利用して、借入れや返済のシミュレーションを行うことがおすすめです。
最近では、ネット上でビジネスローンの融資が可能な金額についてすぐに教えてくれる金融機関もあり、借入先の候補をスムーズに決めることができます。
なお、事業を始めたばかりの起業家については、審査が厳しくなったり、融資までに時間が掛かったりすることもあります。
そのため、大手銀行から希望額の融資を受けることが難しい場合には、地方銀行や信用金庫など少額の融資を行っているビジネスローンを探してみましょう。

▲ ページトップへ